TOP > ニッチメディア事例一覧 > 会員誌・顧客情報誌 > 高級介護付きマンションの広告主が全国に展開する定期購読誌に挑戦!結果は成約5件

気になる広告事例、媒体情報に関するお問い合わせはこちら
03-6684-4211

高級介護付きマンションの広告主が全国に展開する定期購読誌に挑戦!結果は成約5件

 

最近、高齢者社会の進展をうけ、高齢化住宅が増えています。
さらに近年は「終活」ブームの流れを受けて利用者であるシニア自らが、
自ら情報を収集しながら探す、というケースが増えているようです。

 

今回、紹介させていただくのは
【京都の介護付きシニアマンションが5件成約】、
という広告出稿事例。

 

通常、高齢化住宅などの施設の多くは、エリアマーケティングを実施される
ケースが多い中、読者モデルを活用した共感マーケティングによって、
アクティブシニア向けの全国誌でも反響がでました。

 

広告を展開した媒体は、
「これからの暮らしにお金と時間をかけられる方が多い」アクティブシニアに
向けた有料の定期購読情報誌。そのコンテンツは、老後の生き方等に関する記事が中心で、
同世代でも活躍しているアクティブシニアの方のインタビュー記事、
健康・料理・手作り・旅行情報、生活情報等に関する記事で構成されている
読み応えのある定期購読しになっています。

 

有料で購読をしている理由として、最新の情報が好き、
更にはこの媒体が持つ世界観が好きな読者ばかり
なので、
ひとつひとつのページを読み込み、自分自身の興味関心ごとと照らし合わせ、
自身のライフスタイルに取り入れようとする読者が多数います。

 

老後生活に高い関心をもつ読者に対して
今回、京都の高齢介護付きシニアマンションの広告を
どのように展開したのか・・・。

いくらアクティブシニア女性といっても「老後に移住なんて…」と
考えるのが普通ではないでしょうか?

 

そんな懸念点を払拭するために、編集部は
シニア女性の情緒へ訴えかけるよう、
以下のポイントに焦点をあてているのです。。

 

 

同読者にて、今回の京都高級介護付きマンションの居住者に
インタビュー形式で
同じ読者かつ同じような老後に対する【不安】を共感してもらえるように、
この読者の体験談としてコンテンツを展開することにより、
「老後の移住」という懸念点を払拭しています。

 

体験談のコンセプトは
『自分が経験したからこそ分かる、
「自分のことで子供や親族に迷惑を掛けたくない」という思い』を語ってもらい、
共感を呼ぶものです。

 

誰しもが通ってきた、親の介護という苦労を、自分の子供には
かけさせたくないという親心は誰にでもあります。

 

今後差し迫ってくる課題を切り口として、
新たな世界として「京都での生活」という

コンセプトで提案しています。

 

対象となるアクティブシニア女性が、自分らしく、
元気なうちに最後を迎えるための準備として、
「高齢者住宅」探しを後押しするためのオファーもしております。

 

【オファー】

老後の暮らしを充実させたいと考える
アクティブシニア女性にとって興味関心の高い、
「京都暮らしの魅力をまとめた本」と、
「終のすみかを考える本」をプレゼント。

 

読者限定の宿泊体験会の開催
今後差し迫ってくる課題に対応しなければならないという潜在的な課題を
読者体験談を通して顕在化させて、オファーで後押ししたという内容・・・。

 

その結果、全国誌での展開にもかかわらず、

資料請求 130件超、成約 5件

すさまじい結果になりました。

 

 

シニア向け広告(ニッチメディア)成功事例

【広告主】高級介護付きシニアマンション

 

【案件】京都の高級分譲マンション

 

【活用メディア】全国に展開するアクティブシニア女性向け定期購読誌

 

【部数】20万部

 

【広告内容】読者モデルを活用した共感マーケティングにて
課題に共感させて、オファーで背中をおす内容

 

【レスポンス】 資料請求:130件、成約5件

 

 

情報提供元:広告媒体情報「スタートライズメディアカタログ」

 

広告会社・印刷会社の営業責任者様へ