TOP > ニッチメディア事例一覧 > ルートメディア > 【タクシー広告】タクシー広告を活用したら高額商品(ゴルフ会員権、インプラント)がなぜ売れるのか。

気になる広告事例、媒体情報に関するお問い合わせはこちら
03-6684-4211

【タクシー広告】タクシー広告を活用したら高額商品(ゴルフ会員権、インプラント)がなぜ売れるのか。

 

タクシー広告というと、窓に貼られたステッカーなどをイメージする方も多くいると思います。
今回は、運転席、助手席のラックに設置できるチラシ広告を活用して
高額商品の見込み顧客の集客について解説していきます。

 

タクシー広告の強み

タクシー広告の強みは、可処分所得の高い乗客に対して
タクシーという閉ざされた空間の中で長時間滞在する
ことです。
具体的には以下になります。

平均乗車時間16分拘束できること

タクシーに乗車する平均時間は、16分。

乗車中に仕事をしている方、スマホをいじっている方は多いのは間違いありません。

ただ、合間合間でラックに設置された広告物を席の正面にあるからついつい見てしまいます。
このように強制的に広告物を視認させることができる
から、やり方次第で反響を出すことができます。

 

可処分所得に高い方にリーチできる

都心、大都市圏のタクシー利用者は、経営者、管理職、可処分所得の高い独身の男女になります。

都心部

・ビジネスでの移動手段での利用ができる権限のある中小企業の社長、管理職
・独身の男女

郊 外

・日中は近隣の病院や駅への交通手段として利用するシニア層
・早朝や深夜、駅~自宅で利用するビジネスパーソン(年齢層高め)

地 方

・交通が不便のため、自動車運転が出来なくなってきたシニア層

 

ターゲットへの広がり

1台当たりの月間平均乗車人数 32.5人になり、
タクシー100台にて最大10万人に広告を訴求がすることができます。

 

人目を気にせず広告を見れるから、コンプレックス商材にも効果的

タクシーは、車内という「密室空間」です。
だからこそ、乗客は人目を気にせずに、広告の内容を読み込む事ができます。

他の広告媒体では、ひと目が気になってじっくりと読めない
コンプレックス商材(育毛・発毛、エステ、インプラント、ダイエットなど)でも、

車内にいるのは自分と運転手だけなのでリーフレット等の広告物を手に取り、
広告の内容をじっくりと確認することが出来ます。

 

今回は、さまざまな事例がある中でも、100万円以上する「ゴルフ会員権」、
数十万円の「インプラント等の歯科クリニック」の事例を紹介させていただきます。

 

 

タクシー広告 成功事例:


ゴルフ会員権 購入における問合せ獲得事例

【クライアント】:ゴルフ会員権

【目的/課題】 :会員権の購入

【実施内容】:

・広告形態  :運転手・助手席後ろのリーフレット設置
・実施時期  :2015年10月~現在
・実施部数  :23区約1,000台

【結果】   :専用フリーダイヤルへの問合せ:   5件/月

 


インプラント お問合せ獲得事例

【クライアント】:歯科クリニック(インプラント、歯科矯正)

【目的/課題】 : 新規顧客の獲得。

【実施内容】  :
・広告形態  :リーフレットの設置
・実施時期  :2014年~現在まで
・実施部数  :23区約1,000台

【結果】   :
・専用フリーダイヤルへの問合せ:7件/月
・専用LPへのアクセス:PV50件以上/月


 

 

共通する、タクシー広告における成功要因とは?

通常のダイレクトレスポンス広告では、文章で読ませて興味のある方を引き込むことが前提となります。

ただ、このタクシー広告を活用したクリエイティブの場合、
ブランディング広告のようにほとんど文字はございません。

 

理由として、16分間のうちに、合間合間で何度も広告をチラリ、チラリと見ているときに、
どんな商品・サービスなのかを認識させるには文章で読み込ませることはできません。

逆に繰り返し観させることで強制的に認識させていく必要があります。

 

だから、ダイレクトレスポンス広告でのクリエイティブ成功の法則を活用するのではなく、
ブランディング広告の手法を応用する必要があります。

そのため、このタクシー広告で集客を成功させるには以下のポイントが大切です。

 

どんなサービスかが簡単に分かるキャッチとイメージ(写真)

一瞥してどんな商品・サービスかを分かるような文章にする。

 

サービス商品の価格

価格帯を提示することにより、その金額帯で問い合せをしてくれない方でないと
結果的にその後成約に結びつかないため、金額を隠さずに提示します。

 

これが可能なのは、沢山の乗車客にリーチすることができるからです。
マーケティングでいう「フラキング」の手法を活用して、商品サービス内容と価格で乗車客を選別していきます。

 

そして、リーフレットを手に取った乗客に対しては、中ページを読みます。その中ページは
情報と写真についてぎっしり書かれているので、自然とお問合せなどのアクションをとります。

 

高額商品における見込み顧客獲得に困った場合、タクシー広告をひとつの選択肢にいれることをおすすめします。

 

タクシー広告 媒体情報:

全国を走行するタクシーの車内・車体を利用して広告を掲出。
車内ビジョンやリーフレット設置などで、40代以上富裕層を中心とした利用者にリーチできます。

育毛・発毛、エステ、インプラント、ダイエットなど、普段は人目が気になる商材も、
タクシー車内という密室空間だからこそ、乗客は人目を気にせずに広告を確認する事が可能です。

 

【媒体概要】
全国法人タクシーの車内・車体を利用して広告を掲出。
約25,000台のタクシーと提携しており、各タクシー会社の走行エリアを細かく分析し、
希望するエリア・ターゲットを中域規模で狙う
ことが出来ます。

 

【顧客層・ターゲット】

都心、郊外、地方とエリア別に利用者層が異なります。

 

・都心部

中小企業の社長、役職者や独身の男女

 

・郊 外

日中:シニア層
早朝や深夜:駅~自宅で利用するビジネスマン(年齢層高め)

 

・地 方

自動車運転が出来ないシニア層

 

 

(情報提供元:広告媒体情報「スタートライズメディアカタログ」

 

広告会社・印刷会社の営業責任者様へ