TOP > ニッチメディア事例一覧 > 広告コラム > メディアミックスとは?戦略的に広告で活用するメリットと実施事例

気になる広告事例、媒体情報に関するお問い合わせはこちら
03-6684-4211

メディアミックスとは?戦略的に広告で活用するメリットと実施事例

メディアミックスとは、メディアを戦略的に組み合わせて、費用対効果を最大限にすること

メディアミックスとは、異種のメディア(ジャンル)を組み合わせ
商品やサービスを訴求する広告手法のことです。
メディアを組み合わせることにより、各ジャンルのメディアの弱点を補完し合うことができ、
広告効果を最大限にまで引き上げることができます。

メディアミックスとは、テレビ、インターネット、ニッチメディア、新聞、雑誌など
異種のメディア(ジャンル)を組み合わせて商品やサービスを訴求する広告手法のことです。
メディアを組み合わせることにより、各ジャンルのメディアの弱点を補完し合うことができ、
広告効果を最大限にまで引き上げることができます。
(現在では、小説・マンガなどの娯楽商品を原作として映画化、キャラクタグッズなど
さまざまなメディアに展開することで、業績をあげていく手法にも使われます。)

ただ近年では、レスポンスなどの結果を如何に出していくかを問われる時代になってきており、
ブランディングのためにメディアミックスをする必要がないという考え方になってきました。
そのため、テレビ、新聞、雑誌などの商品認知度をあげるためのメディア展開だけでなく、
POP、ニッチメディア、インターネットなどのさまざまなメディアを組み合わせて
目的や場所に応じて使い分けて、商品を販売し業績を上げていくということが
メディアミックスでは重要だと認識されるようになりました。

反響が見込めない広告媒体の出稿は単純に見合わせるという考え方です。

ただ、この考え方は逆効果を生む結果になりかねません
広告における費用対効果を最大にさせるためにメディアミックスをどのように考えて
実践することが重要なのかを、事例をもとに解説
していきます。

 

メディアミックス事例:広告効果を最大にさせるメディアミックスの戦略的な使い方

費用対効果を重視する通販会社のメディアミックス事例

まずメディアミックスの使い方で知っておかなければならない最重要な考え方は、
CPA(CPR)のみで媒体の費用対効果を考えてしまうと失敗してしまうということです。

新規顧客獲得のみに注力しすぎてしまう企業ほど、
この考えに固執してメディアミックスで失敗例を積み重ねる
ことになります。
更には、獲得できるはずの顧客を逃してしまうという大きな機会ロスが発生している可能性が高いです。
メディアミックス戦略で大切なことは何なのか。
新規顧客開拓を最も重要視する代表的な業界である通販企業の事例をもとに紹介します。

新規顧客を獲得するために、通販企業が利用する媒体は以下になります。

■新聞広告
■雑誌広告
■チラシ広告(同封同梱広告)
■DM
■スマホ広告
■リスティング広告

今回の事例ではCPA13,000円以下なら合格点として
それぞれの媒体の1件当たりの獲得単価(CPA)費用対効果が以下だったと仮定します。

■新聞広告:CPA14,000円  100件
■雑誌広告:CPA18,000円  100件
■チラシ広告(同封同梱広告):CPA12,000円  100件
■DM: CPA15,000円  100件
■スマホ広告:CPA 10,000円  100件
■リスティング広告:CPA 10,000円  100件

CPAを重視するA社とメディアミックスのメリットを
最大限に享受するB社とでは以下のように継続出稿の可否が変わってきます。

CPAを重視するA社

以下の媒体を継続実施

■チラシ広告(同封同梱広告):CPA12,000円  100件
■スマホ広告:CPA 10,000円  100件
■リスティング広告:CPA 10,000円  100件

メディアミックスを最大限に享受するB社

以下の媒体を継続実施

■新聞広告:CPA14,000円  100件
■チラシ広告(同封同梱広告):CPA12,000円  100件
■DM:CPA15,000円  100件
■スマホ広告:CPA 10,000円  100件
■リスティング広告:CPA 10,000円  100件

この違いはどこから来るのかというと、反響がよい結果と
少し悪い結果の両方をミックスさせて費用対効果を考えることができるかどうかになり、
これがメディアミックスの最大のメリット
になります。

このメリットを享受するためには、狙ったターゲット層に最大限にリーチことができるように
費用対効果を組み合わせて媒体選定をすることです。そして、このことを最重要指標に
することが大切になります。

そのため、継続か否かの指標は、単純な個別媒体毎の新規顧客獲得単価を
最重要指標とするのではなく、サブ指標として活用し、
予算に対してトータル的に結果がでるなら良しと考えるメディアミックス型CPA
になります。

このメディアミックスのメリットは、単に実施できる媒体が増えるというだけでなく、
A社と違ってB社は他ジャンルの媒体を継続的に出稿することができるため、
他社がリーチしづらいターゲットに対して、手つかずの分野から新規顧客を
獲得することができるようになることです。ブルーオーシャンを攻めること
ができます。

スマホ時代だからこそ、メディアミックスを戦略的に使い他社と差別化する

某クライアントが実施した広告検証結果によると、スマホ・ネット広告によるリーチ率は
40%未満とのことです。理由は、スマホ・ネット広告はPULL型広告であり、
広告の特性上、ターゲティングしているから、リーチが狭く
なってしまうというのが
原因のようです。

だからこそ、メディアミックスのメリットを最大限に享受する費用対効果指標を構築して、
広告を実施すれば、ターゲットに対して幅広くリーチし、効果的に見込み顧客を
獲得
できます。この展開こそが他社との差別化になります。

例えば、自動車、保険、不動産クライアント、食品メーカー、
化粧品メーカー等で徐々のに成功してきている実際の例ですが、
通常未就学児のママの集客において、単純にスマホ広告のみを活用するのではなく、
例えば、育児ママ向けフリーマガジン等への出稿やイベントにブース出展をして、
そこで体験させインスタなどのSNSに写真などを投稿してもらい
サンプルを渡してアンケートを実施して、後日フォローするという
セールスプロモーションなどをメディアミックスすることです。

ダイレクトマーケティングに非常に強い幼児教育から高校生までの教育を展開する
日本最大級の某通教の会社は、イベントでノベルティを配りながら顧客リストを収集できるのは、
このメディアミックス型CPAでどこが限界かを把握しているから実践できるのです。

メディアミックス型CPAという考え方で広告展開を実施すると、
さまざまな異種の媒体を活用することができるから、
ターゲットに対して複数回広告を接触させてブランディングさせるのみでなく、
集客もできるようになります。最近集客に悩んでいたら、ぜひこの考えを活用してください。

メディアミックスを実践したい方は、
日本最大級の広告データベース「スタートライズメディアカタログ」をご検討くださいませ。
マスメディア以外の媒体情報・広告実績を最も多く収録している広告媒体データベースになり、
短時間でメディアミックスを展開するためのメディアプランニングや、既存顧客への新たな提案をすることができます。

広告会社・印刷会社の営業責任者様へ