フリーペーパーとは?種類、配布場所の解説、人気ランキングのフリーペーパーを6誌紹介

#広告コラム

2018.09.26

<はじめに>
みなさんが日頃親しみのあるフリーペーパー。
無料で貰えて、地域の店舗販促や情報発信などセールスプロモーションに活用できる点が魅力的です。
ここでは、フリーペーパーの概要と種類、
そして配布場所の解説などフリーペーパーについて詳しくお届け致します。

さらに、フリーペーパーの人気ランキングでは、おすすめ6誌をご紹介させて頂きます。
企業情報掲載の際は、ぜひ参考にしてください。

フリーペーパーとは?

フリーペーパーとは、無料で配布される雑誌や新聞など紙メディアを代表する総称になります。
よくフリーマガジンと混同されることがありますが、フリーマガジンとは無料で配布される雑誌のことを言います。

フリーペーパーは、「日本生活情報紙協会(JAFNA)」によって以下のように定義されています。

特定の読者を狙い、無料で配布するか到達させる定期発行の地域生活情報紙誌で、
イベント、タウン、ショップ、求人求職、住宅・不動産、グルメ・飲食店、ショッピング、演劇、
エステ・美容、レジャー・旅行、各種教室など多岐にわたる生活情報を記事と広告で伝える。

引用元:フリーペーパーの定義| 日本生活情報紙協会(JAFNA)
http://www.jafna.or.jp/freepaper/freepaper_1.html

紙メディア全体の総称をフリーペーパー、そして特定の雑誌をフリーマガジンと呼ぶと覚えると良いでしょう。

なお、フリーペーパーで掲載される内容は、
飲食・不動産・観光・求人・芸能・事業継承など多種多様な情報を発信可能になります。
また、特定の医療や介護などのジャンルのみを掲載する専門誌と呼ばれるフリーマガジンも存在します。

フリーペーパーが配布される場所ですが、これについても様々な場所で配布されており、
スーパー・駅・病院・公共機関・書店など多岐に渡ります。
次章では、フリーペーパーの種類についてご紹介致します。

フリーペーパーの種類

フリーペーパーは、タブロイド誌や新聞拡販誌・フリーマガジンなど様々な種類が存在します。
1つずつ特徴をみていきましょう。

タブロイド誌

タブロイド誌とは、新聞用紙の半分サイズで構成される情報誌のことを指します。
新聞用紙の半分サイズとはいえ、紙面が大きく、多くの情報を掲載できるところが魅力です。

たとえば、文字情報だけでなく写真なども大きく掲載できるため、
インパクトがありたくさんの情報量を掲載・販促したい場合には効果的です。
そのほかにも、タブロイド誌であればA4版のフリーペーパーのように中綴じしないものが多く、
その分経費を削減できるのも特徴となっています。

さらに、タブロイド誌に使用できる用紙の種類も豊富で、光沢こそないものの発色が良く、
高級感を演出できる「マット紙」や、両面がツルツルしていて光沢があり、
色味が鮮やかに演出でき写真やイラストの掲載に向いている「コート紙」、
コピー用紙と同じように汎用性のある「上質紙」など非常に多くの種類があります。

新聞拡販誌

新聞拡販誌とは、新聞社が発行する無料の情報誌となっています。
特徴としては、生活に関する便利情報や、主婦に嬉しい料理レシピなど幅広い情報が掲載されています。

配布方法としては、新聞販売店が新聞の集金時に、購読者に配布。
また、ポスティングを通して配布されることもあります。
基本的には、新聞を購読していないと手元に届くことがないため、販促範囲は限られますが、
新聞購読者には高い訴求が可能です。

比較的、富裕層を意識したマーケティングにも導入できるフリーペーパーになります。

フリーマガジン

フリーマガジンとは、複数のフリーペーパーをまとめた雑誌形式の広告物を指します。
基本的には、地域性があり地元に密着した情報が掲載されることが多いです。
地元に密着した情報が発信されることで、より読者の興味を惹き、企業の販促効果も上がります。

フリーマガジンの特徴としては、フルカラーで構成されており、読者から見ても非常に見やすいです。
また販促する企業や店舗からみても、人気フリーマガジンに掲載できれば、
クーポンや割引内容を掲載し、販促効果も向上します。

広告料については、掲載枠の大きさによって異なりますが、
A4サイズを1ページで掲載すると、50〜80万円が相場となります。
また、1/2ページでの掲載になると、30〜40万円の費用がかかるでしょう。

人気フリーマガジンの場合、掲載枠が小さくなりすぎると読者への販促効果も低下します。

ターゲットによって様々な場所で配布される

フリーペーパーの中で、新聞拡販誌が個人宅に配布されることが多いですが、
富裕層向けやシニア向け、育児向けなどジャンルや訴求するターゲットによって配布場所を設定しています。

ここでは、フリーペーパーを主に配布する場所について詳しくお届けして参ります。

育児ママ

育児ママに対してのフリーペーパーの配布場所は、幼稚園や保育園児を持つその家族であれば、
幼稚園や保育園側にフリーペーパーを配布してもらい家族に手渡すという形式が頻繁に導入されています。
この配布方法であれば、育児世代にダイレクトに企業や店舗販促が行えるため、新規顧客獲得にも有効です。

また、育児ママの行動分析に伴ってドラッグストアやベビー用品の販売店、
さらには美容室、カフェ、書店などにフリーペーパーを配布すると訴求率が上がります。
それ以外にも、産婦人科や小児科、ママコミュニティ、サークル、ショッピングモールなど多岐に渡ります。

富裕層

富裕層向けのフリーペーパーの形態も様々で、
富裕層が多く居住するエリアに対してフリーマガジンを発行しています。
配布場所としては、一般的なフリーペーパーのように街頭やショッピングモール、
駅ナカ、スーパー等ではなく、富裕層向けに個人宅へのポスティングが多いです。

なぜ富裕層の個人宅に直接届ける形態を採用するかというと、
富裕層が街頭やショッピングモールに直接出向き、
一般的な読者向けのフリーペーパーを手に取る可能性が低いからです。

富裕層向けのフリーペーパーは、国税調査に基づいて富裕層をターゲティングし、
エリアマーケティングを実施します。そのエリアに的を絞りポスティングを行うのです。

あらかじめ富裕層エリアを調査しているため、最適なポスティングを行え、訴求率が上がるばかりか、
富裕層向けのフリーペーパーには紙質や写真など高級感のある工夫が施されており、
一般的なフリーペーパーとは全く異なる内容です。

シニア

シニア向けのフリーペーパーの配布場所は、
医療機関や福祉施設、公共施設、飲食店、商店、銀行、温泉施設などが対象となります。
シニア向けということもあり、購読者の平均年齢が高いため、
健康情報や老後の生活、医療や介護、趣味、資産運用などテーマ自体もシニアに絞った内容となっています。

シニア向けフリーペーパー配布場所の特徴は、
年齢層から意識できるように健康状態や医療、介護、
新たな趣味や資産運用について高い注目があるということで、
それらのチャネルでの設置場所が有力となります。

シニア向けということもあり、ターゲット層は高齢者やその家族、介護者などが中心です。

高校生

高校生を対象としたフリーペーパーについては、
女性向けカジュアルファッションやヘアサロン、ネイルサロンなど美容に特化したもの、
さらに時代のトレンドを反映させたエンタテイメント情報などが多いです。

配布先は、高校や書店、コンビニ、 CDショップ、カラオケ、ライブハウス、映画館、
アパレルショップ、ショッピングモールなど高校生が利用する頻度が多い場所になります。
特に、最新情報が発信されるチャネルを設けることで、訴求力も高まります。

フリーペーパーの人気ランキング

ここからは、フリーペーパーを認知度別にランキングでご紹介させて頂きます。
どのような特徴があるのか、そしてフリーペーパーの配布先の違いなど、それぞれ比較してみてください。

1位「ぱど」

ぱどは、2017年12月にマクロミル社が調査した「良く読むフリーペーパー」に関するアンケート調査で、
媒体認知度が最も高かったフリーペーパーになります。
主に、主婦層をターゲットに生活に役立つ情報を掲載している生活情報誌です。

 創刊  1987年10月
 発行部数  8,335,000部(執筆時)
 発行エリア  全国163エリア(執筆時)
 誌面構成  タブロイド判/AB判(260mm×214mm)オールカラー
 発行日  金曜日・発行週内に配布
 発行サイクル  隔週刊
 配布方法  独自ネットワーク「ぱどんな」による世帯への無料ポスティング

参考元:フリーペーパー|ぱど
https://www.pado.co.jp/service/freepaper/pado

広告掲載料金は、発行地域や広告種類によって異なるため、詳細は株式会社ぱどにお問い合わせください。
ぱどは、新聞未購読の世帯へもポスティングでき、主婦層に効果的な訴求が可能となります。

全国で約1,300人の「ぱどんな」がぱどを配布するため、高い販促効果が期待できます。
1エリアあたりの発行部数は、50,000〜60,000部となっています。

株式会社ぱど
https://www.pado.co.jp/

2位「リビング新聞」

リビング新聞は、株式会社サンケイリビング新聞社が発行している主婦を対象に
生活に便利な情報を掲載している生活情報誌です。
地元女性「リビングレディ」が、ご家庭1軒1軒に配布しているため、
新聞未購読のご家庭にも訴求することが可能です。

リビング新聞の特徴としては、全国53エリア7,501,763部を発行する日本最大級の生活情報誌で、
政府広報が掲載される信頼性が魅力的です。
「家計簿の書き方実践」など各家庭の暮らしに直結した特集が組まれることで人気です。

 創刊  1971年
 発行部数  7,501,763部(執筆時)
 発行エリア  全国53エリア(執筆時)
 誌面構成  タブロイド判
 発行日  土曜日付
 発行サイクル  月2〜4回発行
 配布方法  女性組織「レビングレディ」による一般家庭への配布

参考元:リビング新聞|サンケイリビング新聞社
https://ad.sankeiliving.co.jp/media/living/

配布日は、毎週「水曜日」に女性組織「リビングレディ」が自宅に担当部数を納品します。
配布数は、1人あたり500部〜1000部となります

さらに、戸建て住宅や集合住宅など外観から配布先を選別することも可能になります。
全国に配布することを想定に入れている企業や店舗には、有効となるメディアです。

株式会社サンケイリビング新聞社
https://www.sankeiliving.co.jp/

3位「タウンニュース」

タウンニュースは、神奈川県全域と東京多摩地域のローカル情報を網羅する全47地区に
計216万部を発行する地域情報誌となっています。
その特徴は、地域ごとに発行する内容が全く異なり、
ローカルニュースや生活情報など、地元に密着しているところ。

各家庭に新聞折込で無料配布され、「地域の新聞」というコンセプトのもと、読みやすいメディアです。
取り扱う内容としては、地域の歴史・文化・教育・時事問題・議会・選挙報道・経済と様々です。

 創刊  1977年7月
 発行部数  2,160,000部(執筆時)
 発行エリア  神奈川県全域・東京多摩地域50エリア(執筆時)
 誌面構成  タブロイド判
 発行日  毎週または隔週
 発行サイクル  毎週
 配布方法  新聞折込

参考元:事業案内|タウンニュース
https://www.townnews.co.jp/company/business.html

新聞購読層は、地域ニュースについても関心のある方が多く、
新聞折込を採用することで効果的にアプローチをすることが可能です。
全国紙では、取り上げることができない情報が記載されていることで、顧客満足度にもつながります。

株式会社タウンニュース社
https://www.townnews.co.jp/

4位「地域新聞」

地域新聞は、千葉県・埼玉県・茨城県において、地域密着の情報を掲載しているフリーペーパーメディアです。
関東圏内で、毎週200万部以上発行し、ポストのある個人宅へ1軒1軒手配りで配布しています。

地域新聞の配布エリア内の主要8市内を対象とした2015年6月11日〜6月21日の調査によりますと、
地域新聞の購読率は、第1位61.2%を獲得しています。

主に30代〜60代の女性に多く読まれており、女性の生活圏に密着した店舗販促に有効です。

 創刊  1984年9月
 発行部数  2,131,547部(執筆時)
 発行エリア  千葉県・埼玉県・茨城県(執筆時)
 誌面構成  タブロイド判
 発行日  毎週金曜日(木・金配布)※一部水曜配布エリア有り
 発行サイクル  毎週
 配布方法  独自配布システムにより全戸手配り

参考元:ちいき新聞 紙面広告|地域新聞社
https://chiikinews.co.jp/service/freepaper-ad/chiikishinbun/

地域新聞が行う特徴的な取り組みとして、発行毎に読者へアンケートを行っており、
読者からの声を50,000件/年反映させている点です。これは地域新聞ならではという特色ではないでしょうか。

株式会社地域新聞社
https://chiikinews.co.jp/

5位「あんふぁん」

ランキング2位に登場するリビング新聞を発行している
「株式会社サンケイリビング新聞社」が運営しているメディアが「あんふぁん」です。
あんふぁんは、子育て中の幼稚園児ママとその子供たちを対象としたフリーマガジンとなります。

内容としては、子育て中ママのバイブルになるよう子育て情報だけでなく、
レジャー、ショッピングスポット、地域情報の発信、
特集の中で読者ママも登場するなどママのための情報が満載となっています。

 創刊  2002年
 発行部数  678,642部(執筆時)
 発行エリア  首都圏・関西・東海・北海道・東北・九州エリア
 誌面構成  フリーマガジン
 発行日  毎月中旬
 発行サイクル  毎月1回
 配布方法  幼稚園の先生から園児へ手渡し、園児からママへ手渡し

参考元:あんふぁん|株式会社サンケイリビング新聞社
https://ad.sankeiliving.co.jp/media/enfant/

あんふぁんは、各都道府県の(社)私立幼稚園連盟会・連盟・協会の承認や協力の
幼稚園に配布しているから圧倒的な知名度の中で、集客効果や企業認知度アップに貢献します。

掲載する広告も独自基準を設けており、幼稚園で配布するフリーマガジンだからこそ、
信頼のある情報が掲載されているのです。私立幼稚園を中心に毎月定期的に配布されているので、
高感度な幼稚園ママをターゲットにしています。

30代専業主婦を中心に、企業や店舗販促をお考えの場合には、有力なメディアです。

株式会社サンケイリビング新聞社
https://ad.sankeiliving.co.jp/

6位「アフルエント」

アフルエントは、ランキング1位に登場する「ぱど」を発行している
株式会社ぱどが運営している富裕層を対象とした「総合生活情報マガジン」になります。
豊かなライフスタイルを求める経営者、開業医、土業などの方向けのコンテンツです。

 創刊  2012年6月
 発行部数  東京版100,000部 横浜版20,000部(執筆時)
 発行エリア  東京都心・東京北部・横浜
 誌面構成  フリーマガジン
 発行日  毎月第1火曜日
 発行サイクル  毎月1回
 配布方法  DM送付およびポスティング

参考元:アフルエント媒体資料|株式会社ぱど
https://www.pado.co.jp/cms/uploads/2017/06/21192643/price_affluent201707.pdf

アフルエントは、高級低層階マンションなどポスティングが不可能な高級マンションや
超高級住宅地に住む富裕層もターゲティングできます。
通常のルートでは、対応できない読者層にアプローチを検討する際は、有効なメディアです。

また高級住宅街の戸建てを選別し配布することも可能ですので、ご検討ください。

株式会社ぱど
https://www.pado.co.jp/

まとめ

フリーペーパーは、世の中に1700媒体ほどございます。
旅行、通販、不動産、老人ホーム、墓石・霊園、美容室、美容クリニックなどの
様々な業界のクライアントが出稿をしております。
今回紹介した媒体はその中でも知名度が高い媒体になります。ご出稿の際の参考にしてください。
 

RELATION関連記事