シニアマーケティング 事例:シニア向け会員誌を活用した中古買取店の集客事例

この媒体はアクティブシニア女性向け会員誌になり、
読者全員が年間契約で購読料を支払っている読者なので、
閲読率が非常に高く、読者の95%以上が50歳以上の女性となっています。
読者の平均金融資産額:2,800万円(不動産除く)、であり、その読者の多くが、
媒体社の運営する通販サービスを利用しており、
同社の通販の1ヶ月あたりの
平均利用額:14,000円ほどお金を使っているとのことです。
つまり、購買意欲の高い、リッチなシニア層にリーチができる媒体と言えます。
そのため、これまで補聴器、金融、食品、医薬品、衛生品、老人ホーム、
フィットネスクラブ、生涯学習、リゾート、住まい(リフォーム)、
園芸、非営利団体(募金)など様々な業種の企業において、
高い広告実績を挙げてきました。

今回は、この媒体の豊富な成功実績の中から、
掲載後2ヶ月で綴じ込みハガキでの申込件数 336件を獲得した
「中古買取店」の事例を紹介させていただきます。

中古買取店の集客事例

今回紹介するクライアント様は、ブランド品の中古買取を行っていましたが、
買取件数の獲得に上手くいかず、
来店のハードルが下がる「宅配買取」を行っても大きな成果が得られずにいました。
そこで、今回は、いろいろと不要な物を
所有していると推察できる富裕層シニア層にアプローチをして、
ブランド品買取の認知拡大とイメージアップを図り、
「宅配買取」の申込を増やすため、広告を実施しました。

媒体選定理由

今回のクライアント様がこの媒体を選んだ理由は、大きく3つあります。

選定理由1:毎月19万人の購買意欲が高い富裕層へ効率よく広く情報を届けることができる

読者の平均金融資産額は2,800万円(不動産除く)であり、
媒体社の運営する通販サービスを利用する読者の
1ヶ月あたりの平均支払額は14,000円と
購買意欲の高い読者が多いという特徴があります。
ここから、ブランド品を所持している読者が多く、
身辺整理をはじめるシニアの方へアプローチできるので
広告反響が期待できると推測できたからです。

選定理由2:高い精読率と広告接触率

この媒体の読者は全員が年間契約で購読料を支払っているので、
閲読率が非常に高く、毎号読者アンケートに基づいて、
興味関心が高い話題を積極的に取り上げているので、
毎月の発刊を楽しみにしていているファンの方も多く、
独自アンケート調査によると精読率33.4%、
広告接触率は74.6%と高い数値を挙げています。

選定理由3:さまざまな広告実績があること

これまでに補聴器、金融、食品、医薬品、衛生品、老人ホーム、
フィットネスクラブ、生涯学習、リゾート、住まい(リフォーム)、
園芸、非営利団体(募金)など様々な企業の広告で高い実績を挙げてたためです。

クリエイティブの解説

今回の広告出稿では、
シニア層へのブランド品買取の認知拡大とイメージアップを図り、
「宅配買取」の申込へつなげていく必要がありました。
そこで、見開き2Pの記事体広告でで出稿しました。
記事中では、店舗に行かずとも「宅配買取」の紹介し、
家にいながらにして、商品の査定が出来る点や、
「お店に行くのはイヤ」「値段がつかないと恥ずかしい」など心配もなく、
気楽にお願いできるといった「簡単さ」や「利便性」を訴求しました。
宅配キット、集荷量、さらに取引不成立品の返送料も【無料】であり、
振込についても1点1点きちんと確かな目をもつ熟練者が査定し、
買取価格が納得頂ければ、すぐに料金を振り込むという
サービスの一連の流れをフローチャート形式で分かりやすく紹介することで、
サービスの「安全性」を伝え、利用する上での「不安」を拭いました。
そして、家が片付き、これまで大切に扱ってきた思い出の品を
新しい持ち主に使ってもらえるようになることを強調することで
「捨てる」のではなく、「リサイクル」によって気持ちよくモノを整理できる、
というシニアの方の気持ちに寄り添った内容を掲載しました。

結果

結果、掲載後2ヶ月で綴じ込みのハガキから336件の申し込みを獲得しました。

まとめ:シニア向け会員誌によるシニアマーケティング事例 中古買取の集客

【広告主】 中古買取店

【案件】 シニア層へのブランド品買取の認知拡大とイメージアップを行い、「宅配買取」の申込へ結びつけ。

【エリア】 全国

【結果】 掲載後2ヶ月で綴じ込みのハガキから336件の申し込みを獲得。

RELATION関連記事