GDNターゲティング、ターゲティングメニュー・オプション、効果を出すための考え方やターゲティングのやり方

GDNとは、「Googleディスプレイネットワーク」の略となり、
ディスプレイ広告を配信する広告ネットワークの種類になります。

ここでは、ディスプレイ広告の配信ネットワークであるGDNについて、
ターゲティングメニューやオプション、効果を出すための考え方について詳しくご紹介します。

AISASで考えるGDNターゲティングでできること

GDNで広告配信を行う際に、やみくもに配信を行っても効果的ではありません。
具体的には、AISASと呼ばれる消費者購買行動を意識して訴求すると良いでしょう。

AISASの法則

A…Attention:認知、注意
I…Interest:興味、関心
S…Search:検索
A …Action:行動
S …Share:共有

 

それでは、具体的にAISASの法則に沿って、GDNターゲティングでできることを解説していきます。

Attention(認知・注意)

AISASの法則「Attention(認知・注意)」は、消費者が商品やサービスを認知した状態を指します。

GDNで商品やサービスを認知してもらうためには、「人」に対してターゲティングする方法と
掲載場所」をターゲティングする方法の2つに分かれます。

人に対してターゲティングを行う場合には、GDNの「アフィニティカテゴリ」を活用すると良いでしょう。

詳しい内容は、後述で解説しますが、ユーザーが熱中していることや、習慣、
関心事などのカテゴリごとに広告を配信できるのがアフィニティカテゴリです。

掲載場所でターゲティングする場合には、GDNの「トピック」が便利。

Interest(興味・関心)

AISASの法則2つ目は、「Interest(興味・関心)」です。

ユーザーがどのようなことに興味や関心を持つのかをあらかじめ予測し、広告を配信する手法になります。

GDNでは、「人」をターゲティングする手法の中に「カスタムアフィニティカテゴリ」と
購買意欲の強いオーディエンス」という手法がありますので、こちらを活用しましょう。

Search(検索)

AISASの法則3番目は、「Search(検索)」です。

AIDMAの法則には存在しなかった概念ですが、現在ユーザーの多くが、商品やサービスを認知すると、
検索エンジンにキーワードを入力して、商品やサービスの口コミなどを検索すると思います。

GDNでも検索を意識しているユーザーに最適なターゲティング手法が用意されています。

具体的には、「人」をターゲティングする「カスタムインテントオーディエンス」と
「掲載場所」をターゲティングする「コンテンツキーワード」になります。

Action(行動)

AISASの法則4つ目は、「Action(行動)」です。

商品やサービスに興味を持ったユーザーが、商品に関係する口コミ等を検索し、
「この商品なら購入しても良さそうだ」となると、次に購買行動に移行します。

しかし、実際にはユーザーも商品やサービスを慎重に検討しているため、
すぐに商品を購入するユーザーばかりではありません。

そのような場合におすすめなのがGDNの「人」をターゲティングする手法である
類似ユーザー」と「リマーケティング」です。

類似ユーザーは、過去にサイトの〇〇ページを見たユーザーに類似しているユーザーや、
過去にコンバージョンに至ったユーザーと類似しているユーザーなどを対象に広告を配信できます。

リマーケティングは、一度自社サイトを訪問したことのあるユーザーに向けて、
ユーザーを追跡し、再度広告を配信する手法のこと。

Share(共有)

AISASの法則5番目は、「共有」です。

消費者が商品やサービスを購入すると、
より多くの人に感動やおすすめを共有したい気持ちからSNSを中心にシェアしますよね。

まさに現代特有の購買行動といえますが、このような場合には、
GDNのターゲティング手法を活用するというよりも、
一度商品を購入しているユーザーを対象に商品やサービスレビューを書いてもらい、
お得な割引案内へと誘導する手法を実施するのも良いでしょう。

各ターゲティングの定義・設定できる概要、条件、使い方を解説

ここでは、各ターゲティングの定義や設定できる条件、使い方について解説します。

人をターゲティングする手法

アフィニティカテゴリ

ユーザーが熱中していることや、習慣、関心に基づいたカテゴリを選択することで、
カテゴリに沿ったユーザーに広告を配信する手法のことです。

興味や関心に基づいたユーザーに広告を配信する場合には効果的な手法になります。

アフィニティカテゴリの特性としては、後述で紹介する「購買意欲の強いオーディエンス」よりも
ユーザーリーチ数が多く、潜在顧客に向けた広告配信に効果的。

指定できるカテゴリは、大きく分けて以下の12種類が存在します。

・スポーツ、フィットネス
・テクノロジー
・ニュース、政治
・フード、ダイニング
・メディア、エンターテイメント
・ライフスタイル、趣味
・乗り物、交通機関
・家庭、園芸
・旅行
・美容、健康
・買い物好き
・銀行、金融

 

ユーザー属性と同様に「エコ生活愛好者」や「出張の多い人」などさらに細かいカテゴリを選択可能。

習慣・興味・関心からコンバージョンが発生しやすい状況であれば、設定してみることをおすすめします。

<参考例>
例)美容に興味関心の強い20代女性をターゲティングする場合
アフィニティカテゴリ:[美容・健康関連][美容通]
・ユーザー属性:[18〜24歳][25〜34歳][女性][不明]

 

アフィニティカテゴリは、潜在顧客にリーチできるメリットがある一方で、
配信ボリュームが多すぎてしまいターゲティング範囲が広いのがデメリット。

それを補うための方法として、ユーザー属性も同時に活用することで、
対象ユーザーの精度を高めていきましょう。

精度を高めて配信することで、CV率が上がります。
今回は、参考例として20代女性をターゲティングする場合を記載致しました。

カスタムアフィニティカテゴリ

アフィニティカテゴリと同様に、ユーザーの興味・関心をターゲティングする手法。

アフィニティカテゴリでは「美容・健康関連」や「美容通」など指定できるターゲットが広く、
ピンポイントでの訴求がしづらい状況でした。

カスタムアフィニティカテゴリの場合には、
広告主が入力した特定の要素をカスタムしてアフィニティカテゴリを指定できます。

それにより、アフィニティカテゴリよりも任意のユーザーを絞り込めるようになりました。

入力できる要素は以下の通り。

①興味・関心…任意のキーワードを入力可能
②URL…Webサイトのコンテンツに基づいてインタレストカテゴリを作成可能
③場所…ユーザーが興味を持っている場所を種類に応じて入力可能
④アプリ…モチベーションの高いユーザーが持っている可能性のあるアプリの入力可能

 

このように、より詳細な条件を指定できるため、
自社の商品やサービスのターゲットが明確な場合には、有効です。

カスタムアフィニティを設定するためのコツですが、
例えばさきほどアフィニティカテゴリで設定した
「美容に興味関心の強い20代女性をターゲティングする場合」を例にご紹介しましょう。

<参考例>
例)美容に興味関心の強い20代女性をターゲティングする場合アフィニティカテゴリカテゴリ:[美容・健康][美容通]ユーザー属性
年齢:[18〜24歳][ 25〜34歳]
性別:[女性][不明]カスタムアフィニティカテゴリ
URL:自社商品と関連の強い美容サロンURLを5つ以上指定
興味/関心:[世田谷 美容サロン][東京都 美容サロン][美容サロン]

 

上記画像の通り、カスタムアフィニティカテゴリを指定することにより、
より詳細なターゲティングができますし、上位のウェブサイトのトピックなどの目安も知れます。

ターゲティングに使用するURLは、TOPページを指定するのではなく、
より興味・関心が明確なサブディレクトリを5つ以上指定すると、詳細なターゲティングが可能です。

購買意向の強いオーディエンス

購買意向の強いオーディエンスは、アフィニティカテゴリよりもリーチ数は少ないものの、
自社商品やサービスにあったカテゴリを登録しておくことで、
より確実にターゲット層にアプローチできる設定です。

購買意向の強いオーディエンスに事前に登録されている大カテゴリは次の通り。

・アパレル、アクセサリ
・アート、工芸の関連用品
・イベントのチケット
・ギフト、行事
・コンピュータ、周辺機器
・スポーツ、フィットネス
・ソフトウェア
・デートサービス
・ビジネス、サービス
・ビジネス、産業向けの関連商品
・不動産
・家庭、園芸
・家電
・幼児、子供向け製品
・教育
・旅行
・楽器、音楽の関連商品
・求人
・美容商品、サービス
・自動車、乗り物
・通信
・金融サービスなど

 

たとえば、さきほどアフィニティカテゴリで設定した例としては
「美容に興味関心の強い20代女性」に[美容通]をターゲティングしました。

この場合、以下のような美容サービスを対象にしているユーザーに訴求する必要があります。

・東京都世田谷区で美容サロンを探している
・東京都世田谷区にある美容サロンサイトを日常的に閲覧している

 

これらのユーザーは、どちらかと言うとスキンケア商品やヘアケア商品ではなく、
美容サービスを探しているユーザーと位置づけができます。

ですので、購買意向の強いオーディエンスを設定した場合の例は以下のようになります。

<参考例>

購買意向の強いオーディエンス
大カテゴリ:美容商品、サービス
中カテゴリ:スパ、美容サービス

中カテゴリには、他にも[スキンケア商品]や「バス、ボディ商品」[メイク、化粧品]等がありますが、
今回は美容に興味のある20代女性の中でも、
美容サービスに着目して広告を配信したいため、このように指定致しました。

カスタムインテントオーディエンス

カスタムインテントオーディエンスは、さきほどご紹介した「購買意向の強いオーディエンス」で
自社商品やサービスに関連するカテゴリがない場合に、
商品やサービスに関連するキーワードやURLアプリを入力して、
購買意向の強いユーザー層を定義できる手法です。

ページやアプリ、動画内のキーワードに関心が高いユーザーに、広告が表示されるため、
モチベーションの高いユーザーに訴求できるのが最大の特徴です。

使い方としては、ユーザーが探しているはずの商品や
サービスに関連しているキーワードやURLを、合計で15個程度指定します。

<参考例>
例)美容に興味関心の強い20代女性をターゲティングする場合関連するキーワード:[小顔エステサロン おすすめ][フェイシャルエステサロン 人気][フィエシャルエステ 小顔マッサージ]

 

類似ユーザー

類似ユーザーは、「〇〇ページを閲覧したユーザーに類似ユーザー」や
「過去にコンバージョンしたユーザーに類似したユーザー」など、
設定したユーザーリストに伴って、新規顧客を自動的に割り出せる手法のこと。

実際にコンバージョンが発生したユーザーに類似したユーザーを抽出できるため、
配信対象は少なくなりますが、その分、精度の高いターゲティングができます。

ただし、類似ユーザーを設定するためには、リマーケティングを導入した場合に作成される
「リマーケティングリスト」を基準にそれに似た属性を持つユーザーが自動で生成され、
「自動で生成されたユーザー」に広告を配信するのが類似ユーザーになります。

類似ユーザーは、リマーケティングリストを元にして作られるため、
元になるリマーケティングリストの数が少ないと、使用することができません。

類似ユーザーを使用したい場合には、
リマーケティングリストに100人以上のユーザーが登録されている必要があります。

類似ユーザーを設定できる条件は以下の通り。

・リマーケティングリストに100人以上のユーザーが登録されている
・CVユーザーに類似したリストを活用する場合、
既存アカウントで100CV数以上の実績がないといけない

 

<参考例>

類似ユーザーは、元となるリマーケティングリストの運用状況が好ましくない場合には、
それと連動して成果が悪化する場合があります。
たとえば、リマーケティングリストに登録されているユーザーがCVにつながらないユーザーが多い場合、
類似ユーザーでも質が悪いユーザーが自動で作成されてしまうのです。つまり運用の成果が悪い場合には、積極的な導入は避けましょう。

 

リマーケティング

追跡型広告と呼ばれるリマーケティングは、自社サイトやモバイルアプリ、
動画にアクセスしたことのあるユーザーに向けて、
再度広告をアプローチできる広告配信手法のことです。

一度は、自社商品やサービスに興味を持ったことのあるユーザーに、再度広告を配信するため、
そもそもモチベーションが高く、非常に効果的な広告配信手法になります。

ただ、ユーザーリストが一定数蓄積しないと配信できないため注意が必要です。

使い方としては、一度サイトを訪問したことのあるユーザーに何度も同じ広告を見せることで、
不快感を与えてしまうこともあるため、配信する広告のクリエイティブパターンを工夫するなどの配慮が必要。

ユーザー属性

ユーザー属性は、広告のターゲットとなるユーザーの「年齢」・「性別」・
「世帯年収」・「子どもの有無」などを絞り込んで広告を配信できるターゲティング手法のこと。

自社商材のターゲット層が、明確に設定されている場合には、
ユーザー属性を設定することで、適正なターゲティングが可能。

たとえば、アフィニティカテゴリの章でお伝えした通り、
ユーザー属性とその他の手法を組み合わせることで、より精度の高いターゲティングが可能。

<参考例>

例)美容に興味関心の強い20代女性をターゲティングする場合

・アフィニティカテゴリ:[美容・健康関連][美容通]
ユーザー属性:[18〜24歳][25〜34歳][女性][不明]

ユーザー属性に指定できるターゲティングは以下の通り。

・性別
・年齢
・子どもの有無
・世帯年収

 

ユーザー属性の指定できる内容詳細は、以下の記事をご覧ください。

関連まとめ
GDNとは!?リスティング広告との違い、配信先、バナーサイズ等の基本的な知識解説

 

掲載場所をターゲティングする手法

トピック

トピックは、あらかじめカテゴリ分けされた配信面を選択することで、
ユーザーの興味・関心に基づき広告を配信できます。

最大の特徴は、広範囲にスピーディーに広告を配信できるため、
イベントや配信ボリュームを最大化しやすいです。

指定できるカテゴリは、「アート・エンターテイメント」、「インターネット・通信」、
「オンラインコミュニティ」など様々なカテゴリが用意されています。

掲載場所にターゲティングする手法は、その他にも「プレースメントターゲティング」や
「コンテンツキーワード」がありますが、その違いは以下の通り。

手法概要インプレッション数
トピックターゲティング配信面のカテゴリを選択
コンテンツキーワード設定したキーワードに関連するサイトやアプリ、動画に広告を配信する手法
プレースメントターゲティング広告配信先のWebサイトやアプリ、YouTube等の掲載場所をURLや名前で指定できる手法

 

トピックターゲティングは、次のような場合に有効です。

・多くのユーザーに商品やサービスを認知してもらう
・最低限のターゲティングで多くの人にリーチしたい
・配信面を絞りたくないけれど、GDNの全メディアに予算をかけたくない

 

トピックターゲティングの指定できる内容詳細は、以下の記事をご覧ください。

関連まとめ
GDNとは!?リスティング広告との違い、配信先、バナーサイズ等の基本的な知識解説

 

<参考例>

例)美容に興味関心の強い20代女性をターゲティングする場合

トピックターゲティング
大カテゴリ:美容、フィットネス
中カテゴリ:美容サービス、スパ
小カテゴリ:マッサージ

【ユーザー属性】
[18〜24歳][25〜34歳][女性][不明]

 

トピックターゲティングを設定する際は、上記のようにトピックターゲティングだけを活用するのではなく、
ユーザー属性やアフィニティカテゴリなどと組み合わせて活用するとさらに効果的。

プレースメントターゲティング

プレースメントターゲティングは、WebサイトやYouTube、
アプリの中から広告を掲載できる場所を具体的に指定できる手法のこと。

トピックと混同してしまう方もいらっしゃるかと思いますが、
トピックはコンテンツのカテゴリを指定できるのに対して、
プレースメントは、WebサイトのURLや動画そのものを指定できます。

プレースメントターゲティングは次のような場合に特におすすめ。

・配信したいメディアがすでに決まっている
・GDNの配信実績があり、ある程度効果の出るメディアを知っている

 

使い方としては、トピックやインタレスト等のターゲティングを行う中で、
特定のWebページの成果が好調な場合に、該当サイトをプレースメントに設定することで、
さらなる集客効果を向上させることが可能。

<参考例>

例)美容に興味関心の強い20代女性をターゲティングする場合

過去のGDN配信実績から、https://〇〇.jpへ配信先を限定する。

 

配信先を限定することで、少ない予算で高いパフォーマンスが得られる可能性があります。

コンテンツキーワード

コンテンツキーワードは、設定したキーワードと関連する内容を含むサイト、
アプリ、動画に広告を表示できるターゲティング手法のこと。

自社商品やサービスに合った検索キーワードを入力することで、
顕在的な欲求を持つ顧客の取り込みにも貢献します。

GDNでは、以前は「コンテンツキーワード」のほかに
「オーディエンスキーワード」という2種類の手法がありました。

・コンテンツキーワード:キーワードに関連したメディアに広告を配信
・オーディエンスキーワード:キーワードに関連するメディアとユーザーに広告を配信

 

しかし、オーディエンスキーワードは現在廃止され、カスタムインテントに統一されています。

よくYDNのサーチターゲティングと混同してしまう方が多いですが、
サーチターゲティンツは指定したキーワードを検索したユーザーに配信されますが、
コンテンツキーワードは指定したキーワードに関連するメディアに配信されます。

成果を出すためのコンテンツキーワードの選定方法ですが、次の3つを意識しましょう。

・商品やサービスのジャンルから選定する
・ユーザーの悩みから選定する
・ターゲットユーザーが訪問していそうなサイトを選択する

 

これらを意識して、
美容に興味関心の強い20代女性をターゲティングする場合の参考例を見ていきましょう。

<参考例>

例)美容に興味関心の強い20代女性をターゲティングする場合

サービスのジャンルで選定する場合:フェイシャルエステ
ユーザーの悩みから選定する場合:[顔 シミ][顔 むくみ]
ターゲットユーザーが訪問していそうなサイトで選定する場合:[美容 エステ][フェイシャルエステ]

 

コンテンツキーワードの運用のコツですが、基本的には単体で使用せず、
カスタムインテントオーディエンスなど人をターゲットにした
広告配信を組み合わせることで精度の高いターゲティングが可能です。

 

まとめ

GDNのターゲティングについてAISASの法則を使って紹介しました。
自社商品・サービスに対してGDNを活用して潜在層にリーチするには最適な方法になります。
さまざまなやり方でターゲティングをすることができます。
テストを繰り返しながら最適なターゲティングを探してください。
また、レスポンスを効果的に獲得するには、LP等も工夫する必要があります。
最適化することができれば大きな成果が期待できます。ぜひ、GDNを活用してください。

 

 

RELATION関連記事